カードローンの比較はここを見る

カードローンを提供している金融会社を比較するときに間違えがちなところがあります。それはカードローンの金利を比較するときです。

カードローンを申し込むときに金利がどのくらいかを比較しないことはないと思いますが、たいていのカードローンの金利は上限金利と下限金利で幅を持たして条件を出しています。この上限金利と下限金利を比較するときにどうしても下限金利に目が行ってしまいがちです。下限金利が安ければそのカードローンの金利は安いものと勘違いしてしまうのです。

しかし、本当に見なければならないのは上限金利の方です。たいていの人がカードローンを利用する場合にはそんなに大きな金額を利用することは少ないと考えらえれます。そうなれば、審査によって金利が決定されるときには下限金利の近くというよりも上限金利の近い金利が適用されることがほとんどであると考えれられます。ですので、下限金利よりも上限金利の安いカードローンを選ぶことが先決です。

カードローンの基本情報

20歳からカードローンを利用できます。20歳以上であっても安定した収入を得ていなければ借り入れができないために、気をつけましょう。アルバイトやパートを始めると借り入れが可能となります。無職だとまず借り入れができないために、働くと借り入れできる確率が高まります。カードローンを利用するためには返済能力が必要となるのです。返済能力とは、返済できるだけの収入がある、安定した職に就いている、など。お金があれば、夢が膨らみます。物欲が旺盛な人ですとカードローンは必需品となるかもしれません。カードローン契約を行い、お金を借り入れすれば欲しい物が購入できます。借り入れできる限度額は人によって異なります。大体の人が初回は50万円程度まで。借り入れと返済を繰り返し、信用を上げると更に限度額が上がることがあります。限度額が上がると金利を安くしてくれるカードローンサービスもあり、カードローンは工夫次第でお得に利用できます。

カードローンの賢い使い方とは

カードローンと聞くとちょっと抵抗がある人が多いと思います。
そもそもローンというのは借金の事ですから抵抗があるのは当たり前ですね。
ですが、カードローンは上手に使う事が出来れば、困った事態に陥った時にそれを回避する事も可能とする場合もあります。どのような物でもその使い方という事ですね。
それでは具体的にどのような時にカードローンが必要でしょう?
一番状況として多いのは、すぐ間近に収入が見込まれる状況でその前に即金が必要な時でしょう。
それが大きなお買い物ではなくても、現金でしか買えない物もあります。
そういった物を購入する為の手持ちの現金が無い場合、審査を即日でクリア出来るカードローンなどは使い勝手が良く、気軽に利用出来るお財布代わりに使う事が可能です。
返済を一括ですぐに返せば利息も大したことはなく、困った時には便利なシステムと言えるでしょう。
カードローンを利用する場合に問題となるのは、返せる当てもないのに借りる場合です。
借りたお金は当然返さなければならないので、返済計画が無いままに利用するのは後々自分を苦しめる行為に他なりません。
これはもはや借りる側の考えのなさの問題であり、カードローンそのものが悪いという事ではないのは分かり切った事でしょう。
貸す側も借りる側もお互いに損のない利用をするのがカードローンの賢い使い方なのです。

カードローンのメリット、デメリット

大きな買い物(10万円くらい)をする時、手持ちの貯金を減らしたくないのでカードローンのリボ払いで買い物することがあります。リボ払いだと月に払う金額が一定の返済で済むので支払い計画が立てやすいところがメリットだと思います。

しかしそこがカードローンの落とし穴でもあると思うのです。買い物金額の大小に関わらず一定額の支払いで済むため、ついつい買いすぎになり限度額一杯を使ってしまうことに。

似たような使い方で2社、3社のカードを使い多重債務になってしまう事があります。

カードローンイコール借金という感覚が無く逆にうちでのこずちのように考えがちで、借金しているという事を忘れがちになります。

大学生でも親の承諾があればカードを発行してもらえるため気軽に使ってしまいます。返済能力の低い大学生がカードを作りたいと言った時は、あくまでも借金だと諭す事が必要だと思います。

それでもやはりカードローンは便利で使い方を間違えなければ問題のない物だと思います。ただ、多重債務を防ぐ手だてとしてカード会社は情報を共有して、カードを作る会社は3社程度に留めるようなシステムがあれば良いと思います。

便利な物ですからコマーシャルのように、利用は計画的にするのが一番だと思います。

人はなぜ借り過ぎてしまうのか

お金持ちでない社会人ならば誰でも一度や二度は利用経験のあるカードローンですが、数多くの利用者の中には、時々、返済が困難になって金融事故を起こしてしまうような人もいます。どうして事故を起こしてしまうのか、原因は人それぞれ様々かもしれません。しかし、要は自己の返済能力を超える借り入れをしてしまったということです。
それでは、人はなぜカードローンなどで借り過ぎてしまうのでしょうか。その理由も色々あるかもしれません。しかし結局、自分の返済能力を過信して返済を甘く見てしまうからに他なりません。お金とは、借りるのは簡単でも返すのは難しいのです。しかし、こんな単純なことさえ見落としてしまうのが人間というものなのです。
ですから、金融事故は決して他人事ではありません。自分の身にも起こることかもしれないのです。カードローンの利用者は、全員、そのように考えるべきではないでしょうか。そうすれば、借り過ぎも金融事故も今よりも確実に減少するのではないかと思います。”